積極的に酵素を摂取できるように自宅で作るのもオススメ!

投稿日:2017年6月30日 更新日:

酵素ドリンクイメージ

最後に、自宅でも簡単に作れる“酵素ジュース”のレシピを紹介します。
酵素は、野菜や果物など、いろいろな食物にもともと含まれているものだが、これを濃縮させた「酵素原液」などをドリンクなどに加えることで、積極的に“酵素”を摂取することができます。

ジューサーで色々な野菜や果物をミックスして~、いった方法もありますが、ジューサーだと遠心分離の熱によって、酵素や食物の栄養素が失われがちです。
そこで自宅で簡単にできる酵素ジュースの作り方を紹介します。

<準備するもの>
・果物(りんご/キウイ/レモン/みかん等お好みの果物)
・容器
・てんさい糖

<作り方>
1)果物を皮付きのまま小さくカットをします。
(小さくカットする事で発酵のスピィードが早まります)

2)同量程度のてんさい糖を果物にふりかけ手で混ぜます。
(手袋などをせず、そのまま手で混ぜるのが、ポイントです。手の常温菌によって独自発酵します。)

3)果物を瓶に入れてフタをします。
(2日目位から常温で発酵が始まります。表面に小さい気泡がでてきたら発酵が始まったサインです。)

4)毎日1回瓶の中をかき混ぜます。

5)1週間後、裏ごしをして果物の酵素エキスだけを取り出します。
(できあがったものが原液の酵素エキスです。)

6)この原液エキスをジュースやお水で割って飲みます。

思った以上にそんなに手間要らずでオリジナルの酵素エキスが自宅で簡単にできるんです。
しかも、少し冷蔵庫で古くなって痛んだ果物でももちろん使えます。
痛んでいるという事は、発酵が進んでいる証拠でもあるし、酵素ジュースの工程の時間短縮にもなりますよ!

ぜひ、皆さんも自宅で一度作ってみてくださいね。

-基礎知識

Copyright© 酵素サプリメント口コミ比較ランキング│教えて!酵素ダイエット大百科 , 2017 AllRights Reserved.