酵素を効率よく摂取する方法

投稿日:2017年6月30日 更新日:

果物

酵素はあらゆる食材から取ることができます。
特に生で食べたり、野菜や果物などを皮ごとすりおろすと効率よく取ることができます。 また、みそや納豆などの発酵食品にも酵素は含まれています。

タンパク質である酵素は、熱に弱いのが難点と言われていますが、焼き魚にした場合でも大 根おろし という定番の組み合わせなら、大根に含まれるジアスターゼという酵素が消化を助けてくれるので、焼き魚だけを食べるときの10倍くらいの酵素を取ることが できると言われています。

酵素と一緒に、ビタミンやミネラルなどの「補酵素」も一緒に摂ると、より効果が高まります。
フルーツや野菜は、す でにこれらの栄養素も多く含まれているものがほとんどなので、そういった面でも積極的に摂りたい食材です。また、お酢と一緒に摂っても、酵素の働きを活性 化させるのに効果的とされています。

他にも、血圧・血糖値を抑えたり、カルシウムの吸収を高める効果もあるので、隠し調味料として活用することをおすすめ します。 ただし、酵素は体が冷えている状態では上手く働きません。体温わずか1度で酵素の働きが半減してしまうといわれています。生野菜やフルーツの食べ過ぎは体を冷やしてしまうので、注意しましょう。

野菜が苦手な方や外食が多くなかなか酵素を摂取する機会がないという方はサプリメントがもっとも効率的でおすすめです。

-基礎知識

Copyright© 酵素サプリメント口コミ比較ランキング│教えて!酵素ダイエット大百科 , 2017 AllRights Reserved.